2014年06月12日

「とほ」で旅をしよう。



「とほ」と聞くと旅をしたくなります。
「旅行」ではなくて「旅」。
…とは言っても松尾芭蕉のように「歩いて旅をすること」ではなくて(当たり前だ)、「とほ」という名前の本のことですよ(^-^;
歩いて旅をしていたら…普通の生活はできませんって。

北海道の男女別相部屋の安くて料理がガッツリ出て個性派な宿を紹介している本で、kinaはこれにはまって北海道を旅するようになりました。
kinaは主に車を使って移動しますけど、バイクで移動する人、JRとバスをメインで使う人、チャリダー、中には文字通り「徒歩」で旅をする人、カヌーで旅をする人、馬車で旅をする人…いや、マジな話ですよ。

普通のガイドブックでは味わえない、人やモノとの出会いを楽しむ…これ以上に人生で楽しいことなんてそんなにないと思います(*^m^*)。
だから「旅行」ではなくて「旅」。

あ〜あ、そろそろkinaもどこかに旅をしてこようかな?!

タグ:北海道 とほ
posted by kina at 10:56| Comment(0) | お勧めbooks

2014年06月04日

エゾシカをおいしく食べよう♪

今、北海道で問題になっているのがエゾシカ。
一時期、どこぞのバカな個人と団体が保護を訴え、エゾシカが保護された結果…エゾシカが爆発的に増殖してしまい、増えたエゾシカは餌の確保のために貴重な植物まで食べてしまい、深刻な生態系の破壊につながってる有様でございます。

問題は、最初に保護を訴えた個人及び団体が誰も責任取ってないことかと(-_-#)。
ったく、どこのバカだよ?!…と激怒している人は北海道にかなりいる…それだけ深刻な問題になっていると思っていただけたら、と思います。

…というわけで、とにかく駆除をしなければいけないのですが、駆除したエゾシカをそのまま捨てても費用がかかるだけ、という…。

というわけで、その「エゾシカをおいしく食べよう!!」という研究が北海道のあちこちで始まってます。
kinaもエゾシカ肉は何度か食べたことがありますけど、血抜きをしっかりして、濃く味付けをしたものはおいしいですよ(*^m^*)。

道南は木古内町にある久上工藤商店さんでは、エゾシカ肉をジンギスカンに加工して販売しています。
通販も受け付けているので、北海道の味に親しみたい方はもちろん、エゾシカを食べてみたい人、食べることで北海道に貢献したい人は一度試してみてはどうでしょうか?
こちらのお店ではもちろん普通のジンギスカンも販売してますが、普通のジンギスカンだけでなく、木古内の地酒「みそぎの舞」の通信販売もやっているみたいですよ♪
URLはこちら:http://oceanplace.jp/qjo-jin/

ジンギスカンなら味をしっかりつけるので、エゾシカ肉特有のくせがあってもあまり感じないと思います。
エゾシカのお肉が食用として需要が増えたら、狩猟量も拡大するので、それだけ生態系への破壊が減少する…と。
もちろん、必要以上にエゾシカを減らさないことも大切になりますけど、現状ではそんなことを言ってらんないんですよね。

…安易な環境保護ってその時は良いし、自己満足できるし、見た目も麗しいんだけど、後々重大な禍根を残すことになりかねんなぁ…とエゾシカの話を聞いても思ってしまいます。
安易に自然保護は考え直すべき…とつくづく思うkinaでした。
posted by kina at 11:22| Comment(0) | 畜産物

2014年06月02日

函館牛乳のアイスクリーム♪

「おお牧場はみどり〜」のテーマにのってやってくる…といえば、北海道だと「函館牛乳の直売車」(^-^;
函館牛乳はたまに「おおまきば〜は〜み〜ど〜り〜♪」と曲に合わせて、クルマで移動販売をしてくれるのです。
牛乳とかコーヒー牛乳はもちろんですが、野菜や卵やお肉も売ってるので、お店がない地域だと大助かり…なんてね。



函館牛乳は他の乳牛メーカーと同様にアイスクリームやバターなんかも販売しています。
個人的に一番好きなのは、みかんのヨーグルトとコーヒー牛乳。
みかんのヨーグルトのすっきりとした甘さと、牛乳たっぷりのコーヒー牛乳のおいしさは、函館周辺にいないと味わえないかと(*^m^*)。

函館牛乳のアイスを紹介していてなんですが、函館牛乳のソフトクリームが箱館山ロープウェイの近くで売ってますが…このソフト、とってもおいしいですよ。

函館に来たらイカやラッキーピエロやハセストも良いですが、函館牛乳もお忘れなく(^-^;

2014年05月27日

夷王山まつりとばんえい競馬

上ノ国町は北海道の中でも早くから開けた場所で、安東水軍や松前藩主とも関わりが深い場所です。
6/14〜15日にかけて、上ノ国町で行われるイベントが「夷王山まつり」。
会場は上ノ国から遠くせたな町大成地区まで見渡せる高台です。

詳細はこちらからどうぞ。
http://www.kaminokuni.jp/event/event_iouzan.html

上ノ国町のおいしいものが食べられたり、歌謡ショーも楽しめるのですが…北海道と言ったらやっぱりばんえい競馬でしょ!!
道南地域で育てられているばんばの馬の競争が見られます。
競馬のように「速さ」だけを競うのではなく、重さ1tもあるおもりをそりに載せ、速さだけではなくて力強さも競う、開拓の名残を残した、世界でも北海道にしかない競馬です。
競馬の本拠地、イギリスやフランスにもないんですよ。

ばんえい競馬の雰囲気を堪能したい方はぜひ上ノ国町へ♪



上ノ国町は漁業の町で、おいしい海産物がたくさんあります♪
船を出してくれる宿もありますよ。
posted by kina at 11:43| Comment(0) | ばんえい競馬

2014年05月14日

日曜日にはあわびが待ってる八雲町?!

北海道の八雲町といえば、日本で唯一日本海と太平洋(噴火湾)のふたつの海に面している町です。
5/18にはこの八雲町熊石平地区で「休養村祭り」というのがありまして…メインは「アワビ」(*^m^*)。

八雲町(旧熊石町)ではアワビの養殖が盛んでございまして、当日は「生アワビ丼」や「アワビ弁当」が格安で振る舞われます。
もちろんアワビが安く手に入りますし、kinaにはある種のトラウマになってる「アワビつかみどり券入り餅まき」も行われます。
当日は八雲町のいろんなお店が出店するので見ていて楽しいし、温泉やプール、ステージやお子様向けのアトラクションやアスレチックもあるので家族みんなで楽しめますよ。

もちろん、お目当てはアワビ一択でしょうけど…(^-^;

この間、ちょっと用事があって会場近くをうろうろする羽目になりましたが、桜の開花が早すぎて、例年のような「桜の下でアワビ」というのは難しいかもしれません。

休養村祭りの会場は函館からクルマで約2時間、札幌からだと高速を八雲で降りて、約1時間。
道も少しは(ぉぃ)良くなりましたので、前に比べて来やすくなったんじゃないかと思います(^-^;



クルマがなくてもおぼこ荘からバスがあるので、それで休養村祭りを楽しむ、というのもありだと思います♪
posted by kina at 09:54| Comment(0) | イベント