2014年06月12日

「とほ」で旅をしよう。



「とほ」と聞くと旅をしたくなります。
「旅行」ではなくて「旅」。
…とは言っても松尾芭蕉のように「歩いて旅をすること」ではなくて(当たり前だ)、「とほ」という名前の本のことですよ(^-^;
歩いて旅をしていたら…普通の生活はできませんって。

北海道の男女別相部屋の安くて料理がガッツリ出て個性派な宿を紹介している本で、kinaはこれにはまって北海道を旅するようになりました。
kinaは主に車を使って移動しますけど、バイクで移動する人、JRとバスをメインで使う人、チャリダー、中には文字通り「徒歩」で旅をする人、カヌーで旅をする人、馬車で旅をする人…いや、マジな話ですよ。

普通のガイドブックでは味わえない、人やモノとの出会いを楽しむ…これ以上に人生で楽しいことなんてそんなにないと思います(*^m^*)。
だから「旅行」ではなくて「旅」。

あ〜あ、そろそろkinaもどこかに旅をしてこようかな?!

タグ:北海道 とほ
posted by kina at 10:56| Comment(0) | お勧めbooks

2013年07月03日

そろそろ、いい旅の季節です(^-^;

この間、書店を覗いたら…「いい旅」が置いてあってびっくり。
同時に嬉しくなりました♪



北海道の温泉を紹介する、超辛口温泉ガイドです(^-^;
ちなみに「超」不定期発行。
それでも絶大な人気を誇るこの本、kinaも地味に愛読書だったりします。

ちなみに、kinaは一度ここに掲載されている温泉に行って「いい旅に載ってましたよね?」と聞いたら…温泉の人が「いや〜、あざらしさん来てくれたんですよ〜♪」ととても嬉しそうに言ってましたよ。

大手のガイドブックには決して載らないような、名湯や秘湯も紹介されている「いい旅」。

いい旅を読んで、自分だけのいい旅してみませんか?
posted by kina at 15:52| Comment(0) | お勧めbooks

2012年04月03日

もうすぐ、「とほ」の季節

個人的には「北海道名物」の中に入れたいと思ってますが、北海道には通称「とほ宿」という宿があります。
YHみたいだけど、ユースよりは大人な感じ。



そろそろ、この本がリニューアルされる時期です♪
男女別相部屋にすることで料金を抑えて宿泊できる宿で、そんな宿に泊まる最大の楽しみは旅行者との会話だったり、宿主との会話だったり、超レアな穴場スポットを教えてもらったり…。

その話といえば。
自衛隊のレンジャー部隊の話から、幽霊話から、ありえないドライブ話から、警察官との笑えるやり取りとか、死ぬほど笑える話からいろいろいろいろ…。

記憶に残ってるのは
・追い越し禁止車線で、よりによってパトカーを追い越して切符切られた人の話
・このご時世に、チャリや徒歩はおろか、馬車で旅をする人の話
・積丹に行くと必ず雨が降る人…それkinaのこと(ぉぃ)

kinaはとほ宿で、旅の面白さを味わった人間だったりする(^-^;
旅に行けない時はとほ宿を見て「次はどこに行こう?」といつも妄想を膨らませておりました(^-^;
その旅でいろいろ知ったことが、「道南ききあるき」の基礎になってます。

旅をすることは、人を知ることだと思ったりします。
どうぞ、「とほ」と「とほ宿」で旅と、人生そのものを楽しんでくださいね。
posted by kina at 16:06| Comment(0) | お勧めbooks

2011年11月22日

列車で旅する北海道



北海道にも、かなり廃線になりましたがローカル線はまだまだありますo(^-^)o
この本は、そんなローカル線を使って楽しい旅を紹介していく雑誌です。
札幌の出版社が発行してて、kinaも江差線のは持ってるんだ♪

…そりゃあ、kinaの知り合いが撮った写真を使った雑誌なら買うさ(^-^;


この本、何がいいかって「JRの風景と一緒に近くのおいしい食べ物や見どころを紹介する」というのはもちろんですが…

実際に写真を取った場所とかアングルとかカメラまで紹介することです

kinaは鉄子じゃないですが、ちょっと素敵だと思いました。


鉄道ファンには絶対にたまらない一冊だと思いますが、ガイドブックでは楽しめない北海道の風景を知りたい方にもお勧めです♪
タグ:北海道 JR
posted by kina at 09:07| Comment(0) | お勧めbooks

2010年05月22日

北海道の温泉を語るなら



この本、すんごく有名になっちゃいましたね〜。
kina的に、北海道の温泉を語るならこの本を読まなくちゃ語れないと思ってしまいます。

前は「すんごいマイナーで〜」なんて思っていたのが、あれよあれよと言う間に紀伊国屋で平積みされていたり、Amazonでも売られるようになりましたものねぇ…お母さんは嬉しいよ…

って、お母さんって誰よ(ぉぃ)。

「いい旅」は温泉天国北海道の、源泉100%と小さくてもサービスの良い宿をご紹介しています。
コラム、読者からの投稿もすんごい面白いの♪
本当に温泉を愛する人が読みたくなる本だと思うし、本物志向の人にはたまらないでしょうね。
ここまで有名になったのはkinaもよくわかる。

道南からは銀婚湯、おぼこ荘、鯉川なんかが常連o(^-^)o
「じゃ○ん」みたいな、万人向けの本では決してないんですが、温泉を愛してやまない方にはすんごくお勧めいたします♪
posted by kina at 21:11| Comment(0) | お勧めbooks

2010年04月02日

江原啓之の北海道神紀行



何か系統が違うんじゃないか?と思われるかもしれませんが、これも意外に北海道の旅の参考になります。

洞爺湖、美瑛、知床をスピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんが紹介しています。
パワースポットも紹介してますが、ちゃんとパワースポットの近くのグルメや特産品も紹介してます。

…でも、本を読んで何が一番kinaの印象に残ったかというと…

洞爺湖の近くのレイクヒルファームのアイスクリームを、ものすごくおいしそうに食べてる江原さんの笑顔でした。
うん、わかるよ。
あそこのアイス、すっごいおいしいもんね。


スピリチュアルスポットを紹介するのみならず、それ以上にレイクヒルファームのおいしさを全国のみなさまにその笑顔で表現した江原啓之さんは、紛れもなく偉大な人だと思います。
posted by kina at 19:39| Comment(0) | お勧めbooks

2010年03月21日

北海道を旅する人にお勧め♪



北海道には「とほ宿」という宿があります。
ユースホステルみたいな男女別の相部屋形式なんですが…これが楽しいんですな〜。
いろんな話を聞けたり、情報を仕入れたり…。
その宿を紹介している本です。

「旅をする」というのは、いろんなおいしいものとか景色を楽しむのもあるんですけど、「いろんな人に出会う」という楽しみも捨てがたいです。
…というか、それが旅の醍醐味(o^-')b
posted by kina at 08:45| Comment(0) | お勧めbooks