2015年04月10日

ききいちご

本州はもういちご狩りができるところもあると思いますが、北海道はいちごの「い」の字も出てきておりませぬ。
さて、北海道の主要ないちごは昔は「ほうこう」「きたえくぼ」でしたが、今の主力は「けんたろう」という品種ですね。
けんたろうは比較的新しい品種で、いちごが痛みにくいので人気らしいです。
この「けんたろう」は本当においしいのを選ぶとコンデンスミルクをつけなくてもおいしく食べられます…というか、コンデンスミルクの甘さが逆にくどくなります。
普通に店で売ってるけんたろうなら、コンデンスミルクは必須ですね。

ほうこうは昔のいちごで、「きたえくぼ」「けんたろう」に比べると味が薄いイメージがあります(ごめんなさい)。
あと、時間が経つとすぐ痛むのがちょっとね…。
とはいえ、これは好きずきで、kinaままは「ほうこう」が好きだと公言してはばかりませんσ(^_^;

kinaが一番好きなのは「きたえくぼ」。
きたえくぼは最近ほとんど見ませんが、甘さと酸味が絶妙ないちごらしい…けど、けんたろうよりきたえくぼの方が甘い気がするんだよな〜。
コンデンスミルクで優雅に食べられるのがこの「きたえくぼ」σ(^_^;
個人的には、「きたえくぼ」が一番当たり外れのないいちごのような気がします。

今は、けんたろうの次の品種(名前忘れた…)も出てきているわけですが、今年も時期になったらいちご狩りに行って、おいしいいちごをたらふく食べてきたいと思ってます♪

個人的にはきたえくぼレベルのおいしいいちごが食べたいですね〜。
posted by kina at 09:27| Comment(0) | 農産物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。