2014年06月19日

北海道の赤飯(^-^;

函館の「お盆」は7月なんですよね。
お盆と言えば「赤飯」がつきものだと思うのですが…北海道の赤飯って、最初本州から来た人が知ったらみんなびっくりするみたいですね。

「甘納豆入りの赤飯」に。

本州の人からしたら、びっくりするほど甘い赤飯らしいですね。
ご飯の赤い色は食紅を使ってます。
お盆やお正月前には、北海道では甘納豆が売れるんですよね(^-^;



小粒の甘納豆だとそうでもないですが(いや、それでも甘いけど)、大粒の甘納豆だとより甘い赤飯になります(^-^;
大粒の甘納豆を使った赤飯はkinaもちょっと苦手です。
豆が甘すぎて「ご飯」としての許容量を超えてるというか…。

北海道に入植した人は、開拓時代は寒さでエネルギーを消耗するから甘党な人が多かったんでしょうかねぇ?
posted by kina at 10:57| Comment(0) | グルメ

2014年06月18日

そろそろ、ウニの季節です。

北海道を旅する人のお目当てのひとつは新鮮な海産物だと思いますが…これからの季節はやっぱりウニだと思います。
kina、実はウニが苦手で…小さいころはこれ以上ない新鮮なウニでも苦手だったので、多分ウニが本当にダメなんだと思います。
お店で売ってたウニを食べたら…あまりのまずさに死にそうになったこともあるし(ぉぃ)。

ウニを食べる…と思ったら、利尻・礼文・知床を連想するかと思いますが、道南なら奥尻島も良いですよ♪
北海道南西沖地震で壊滅的な被害を受けましたが、そこから立ち直り、漁業と観光が盛んなところで…「陸からウニが見える」とか「膝を濡らす程度でウニが採れるぞ」と言われるくらいウニの宝庫です♪
これからの季節は、さしもの北海道も海水浴が楽しめます。
釣りが好きな人なら、船を持ってる宿に泊まって海釣りして、釣ったお魚を料理してもらう、なんてこともできますし(*^m^*)。



なお、資源確保のため、今は密漁に対する監視や摘発がものすご〜く厳しいです。
子どもでも変な行動をしていたら、すぐに監視員が来ます。
新鮮なウニを食べたいなら、きっちり対価を払って漁師さんから採ってきてもらったり、漁師さんに相談して一緒に採ってもらうようにしましょう。

楽しい旅行が軽い気持ちで密漁をして警察のご厄介+罰金たくさん…なんてことになったら台無しですからね。
posted by kina at 12:09| Comment(0) | 海産物

2014年06月12日

「とほ」で旅をしよう。



「とほ」と聞くと旅をしたくなります。
「旅行」ではなくて「旅」。
…とは言っても松尾芭蕉のように「歩いて旅をすること」ではなくて(当たり前だ)、「とほ」という名前の本のことですよ(^-^;
歩いて旅をしていたら…普通の生活はできませんって。

北海道の男女別相部屋の安くて料理がガッツリ出て個性派な宿を紹介している本で、kinaはこれにはまって北海道を旅するようになりました。
kinaは主に車を使って移動しますけど、バイクで移動する人、JRとバスをメインで使う人、チャリダー、中には文字通り「徒歩」で旅をする人、カヌーで旅をする人、馬車で旅をする人…いや、マジな話ですよ。

普通のガイドブックでは味わえない、人やモノとの出会いを楽しむ…これ以上に人生で楽しいことなんてそんなにないと思います(*^m^*)。
だから「旅行」ではなくて「旅」。

あ〜あ、そろそろkinaもどこかに旅をしてこようかな?!

タグ:北海道 とほ
posted by kina at 10:56| Comment(0) | お勧めbooks

2014年06月04日

エゾシカをおいしく食べよう♪

今、北海道で問題になっているのがエゾシカ。
一時期、どこぞのバカな個人と団体が保護を訴え、エゾシカが保護された結果…エゾシカが爆発的に増殖してしまい、増えたエゾシカは餌の確保のために貴重な植物まで食べてしまい、深刻な生態系の破壊につながってる有様でございます。

問題は、最初に保護を訴えた個人及び団体が誰も責任取ってないことかと(-_-#)。
ったく、どこのバカだよ?!…と激怒している人は北海道にかなりいる…それだけ深刻な問題になっていると思っていただけたら、と思います。

…というわけで、とにかく駆除をしなければいけないのですが、駆除したエゾシカをそのまま捨てても費用がかかるだけ、という…。

というわけで、その「エゾシカをおいしく食べよう!!」という研究が北海道のあちこちで始まってます。
kinaもエゾシカ肉は何度か食べたことがありますけど、血抜きをしっかりして、濃く味付けをしたものはおいしいですよ(*^m^*)。

道南は木古内町にある久上工藤商店さんでは、エゾシカ肉をジンギスカンに加工して販売しています。
通販も受け付けているので、北海道の味に親しみたい方はもちろん、エゾシカを食べてみたい人、食べることで北海道に貢献したい人は一度試してみてはどうでしょうか?
こちらのお店ではもちろん普通のジンギスカンも販売してますが、普通のジンギスカンだけでなく、木古内の地酒「みそぎの舞」の通信販売もやっているみたいですよ♪
URLはこちら:http://oceanplace.jp/qjo-jin/

ジンギスカンなら味をしっかりつけるので、エゾシカ肉特有のくせがあってもあまり感じないと思います。
エゾシカのお肉が食用として需要が増えたら、狩猟量も拡大するので、それだけ生態系への破壊が減少する…と。
もちろん、必要以上にエゾシカを減らさないことも大切になりますけど、現状ではそんなことを言ってらんないんですよね。

…安易な環境保護ってその時は良いし、自己満足できるし、見た目も麗しいんだけど、後々重大な禍根を残すことになりかねんなぁ…とエゾシカの話を聞いても思ってしまいます。
安易に自然保護は考え直すべき…とつくづく思うkinaでした。
posted by kina at 11:22| Comment(0) | 畜産物

2014年06月02日

函館牛乳のアイスクリーム♪

「おお牧場はみどり〜」のテーマにのってやってくる…といえば、北海道だと「函館牛乳の直売車」(^-^;
函館牛乳はたまに「おおまきば〜は〜み〜ど〜り〜♪」と曲に合わせて、クルマで移動販売をしてくれるのです。
牛乳とかコーヒー牛乳はもちろんですが、野菜や卵やお肉も売ってるので、お店がない地域だと大助かり…なんてね。



函館牛乳は他の乳牛メーカーと同様にアイスクリームやバターなんかも販売しています。
個人的に一番好きなのは、みかんのヨーグルトとコーヒー牛乳。
みかんのヨーグルトのすっきりとした甘さと、牛乳たっぷりのコーヒー牛乳のおいしさは、函館周辺にいないと味わえないかと(*^m^*)。

函館牛乳のアイスを紹介していてなんですが、函館牛乳のソフトクリームが箱館山ロープウェイの近くで売ってますが…このソフト、とってもおいしいですよ。

函館に来たらイカやラッキーピエロやハセストも良いですが、函館牛乳もお忘れなく(^-^;